本文へスキップ

お問い合わせは運営ブログまで

メールでのお問い合わせはこちら

NEWS

まったりのH.M.C会場近辺ぶらりグルメの旅
Vol.4「福岡市が誇る超絶技巧のとり皮とは・・・・」


お昼ご飯もいいけれど、そろそろ美味しい晩御飯が紹介したいよ。ってわけで今回はグルメ探訪夜の部です。

場所はタイトーステーション天神から歩いて20分程と、ちと距離があるので、画像での道案内はせずに、簡単な説明と住所の掲載となります。イメージデータを載せるとページが足りない為申し訳ございません。

まず、タイトーステーション天神を出て左に直進。西通りという通りに突き当たるので、コレも左に曲がります。んで、真っ直ぐ行くと次は国体道路に突き当たるのでここを左に。しばらく真っ直ぐ向かうと警固交差点があります。目印としてCORE21というパチンコ屋さんがありますが、この交差点を左に曲がり、すぐに右手にファミリーマートがある警固交番前という交差点があるのでこれを右に。しばらく進むと左手にサニーというスーパーがあり、この正面にあるのが今回のお店「かわ屋 警固店」でございます。

外観はこんな感じ。ここで食べていただきたいのが、何と行ってもとり皮とささみのしぎ焼きの二つです。というかこれ以外も美味いっちゃあ美味いのですが、他の焼き物を差し置いてでもまずはこの二つのみを食べるべき。というかありえない。

まず店名にもなっているとり皮について説明いたしましょう。お客さんに焼いて出す為に3~6日を掛けて仕込んだこのとり皮は、旨味をその中にギューっと詰め込み、程よい脂分と噛めば鳥の旨味が弾き出るほどの弾力性を持ち、今まで皆さんが食べてきたとり皮の概念を変えてしまうとり皮だと言っても過言ではないでしょう。大の大人だったら軽く10~20本ぐらいは食べられるので、ここは筆者を信用して店に入って注文を聞かれたら、「とりあえず皮10本!」と頼んでみて下さい。当たり前のリアクションが返って来ますww


次にお話しするのはささみのしぎ焼きと、あまり聞きなれない名前ではございますが、これもまた絶品なんです。半生に焼いて程よく火が通ったささみに、わさびがピリッときいた特製ダレをつけて食べるのですが、とんでもなく美味いんです。

ただ、ささみを焼いてわさびダレにつけて食べる。これだけなのに口の中に広がる旨味の魔法は留まる所を知りません。あー、自分の文章表現が足りずに伝わらないのが悔しい!!ホントにこれが美味いんです。だまされたと思って必ず食べて下さい。間違い無しの一品ですから。

                       次のページへ






CONTACT

HIZAまったり杯へのコンタクトにつきましては運営blogまでお願いします


blogへは画像をクリックしてください。